FC2ブログ

このSORAの下

超不定期更新!ポケモンなどの趣味について書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サンムーンS5 スペレ さかさバトル メガジュカイン入り 最終11位 レート1875パーティー

はいどもーアスです

今回はSM、S5スペレのさかさバトル
最終11位のパーティーの紹介です!

787094.png736030.png482906.png
663403.png817125.png812449.png


前作同様メガジュカインを
採用しています

前作との相違点は

Z技の登場により火力インフレ
これにより受けポケの減少

カプ系とミミッキュの登場

電磁波弱体化により避雷針の
有用性が低下

コケコやデンジュモクといったサブに
草技を持つポケモンの増加

準速スカーフテテフや最速フェローチェといった
メガジュカインより速いメジャーポケの登場

といった所ですね

前作で使ってたパーティーはテテフで詰む
+アローが 大幅弱体化で流用すら出来なくなりました

序盤はバンクが切れてたのもあり
サンムーンにいたポケモンを見繕って組んだ
パーティーで戦ってました
フェローチェやメガガルなんかを使いました

これが意外に勝てて
1700までは行けましたが頭打ち

その後時間が出来たらバンクを更新しメガジュカインと
マンムーの並びをメインに再編成し1800寸前まで到達

しかし、無理にステロを撒こうとして隙を作ったり
選出が読まれたりと勝ち切れない展開に

最終的には救世主メガライボルトを加えた
このパーティーで戦いました

メガジュカインとステロは相性抜群ですが
ステロそのものは環境に刺さっておらず外ました

結局対面構築のパーティーになりました
メガライボとランドの威嚇を入れながらの
トンボルチェンも可能です

このパーティーにしてからは運負けは多かったものの
一方的に負ける試合は少なく安定した構築だと思います

メガジュカイン@メガ石 臆病CS
NNフルセイバー

sceptile-mega.gif

エナジーボール リーフストーム
龍の波動 守る

型は前作と同じですが今回は国際孵化で
粘った色ジュカインを使いました

メガジュカインを活躍させるためだけに
さかさやってるといっても過言ではないです(笑)
技はこれで完成されていると思います

エナボはノーデメリットと命中安定の基本技
有利対面でこれをガンガン撃ちます

守るは猫だまを防いだり不意打ちへの
牽制に使いましたあって損は無かったですね

毒々や宿り木の種も欲しい場面はありましたが
受けポケは少なかったのでこれで良いと思いました

リフストは体感命中率75% エナボで
倒せるか微妙な時に使ったものの悉く外した
どうして90%技が当たらないのか…

火力と素早さの一歩足りない感は常に
感じました

準速スカーフテテフをギリギリ抜けないのは
きつかったですしかも無振りテテフを龍波で
倒せない(高乱数1発)事件も発生しました

だからSはメガフーディンと同じ150にしろとあれほど…

しかし攻撃範囲は相当広く
刺さる相手には刺さりました

シングルの流用のようなパーティーは簡単に
制圧できました

過小評価されてますがメガ枠がこやつ1体の時でも
1800目前まで行けたので強いと思います

後述の救世主を入れることで
1800を軽く超えることが出来ました

環境的には役割対象のメガゲンガーが減りま
したが代わりにメガヘラが増えたことからメガ
進化同士のタイマンは決して弱くはないです

ミミロップやボーマンダ、ライボルトの
上も取れます

ですが一番倒したいメガガルーラ
は基本的に勝てません|д゚)

グロパン不意打ちで倒そうとしてくる場合は
守るを用いた択ゲーで勝てる可能性もあります
実際に1度それで勝ちました

メガライボを入れてからは選出率が
大きく下がってしまいました

リフストをちゃんと当ててくればもう少し
選出出来たかもしれない…

メガライボルト@メガ石 臆病CS
NN ライトニング
メガ前特性避雷針

manectric-mega.gif


10万ボルト ボルトチェンジ
オーバーヒート 寝言

救世主 メガ枠が1体だと
選出が読まれやすくなるので採用

特にジュカインがメガ進化してないと電気が
完全に一貫してたのでメガ前が避雷針のこやつを加入

これで前作同様ジュカライボが
メガ枠になりました

メガ前避雷針はカプ・コケコ対面時にメガしないことで
スカーフの奇襲を回避する戦法や電気技読みで
繰り出せる利点があります

ですが、トレースされると
苦しいデメリットがあります

ライボルトの避雷針は有名
なのでメガするまで電気技を
撃たれることは無かったです…

攻撃範囲が広く交代技を持ち
威嚇もある万能ポケモン

威嚇→ボルチェンでカビゴンに繋ぐのが
ガルーラを安定して対処出来るルートでした

寝言はガッサがあまりにも
憎かったので採用

しかし2連続でオバヒが出る時もあり安定は
しませんでしたが読まれないので対策にはなりました

ガルーラは今作でも多く相手のパーティーに
いるときは選出する機会はかなり多かったです

パーティーの安定性が上がりましたが
メガジュカインの選出率が下がりました…
攻撃範囲が被ってるのも原因かな

しかし対飛行、虫、毒性能や 火力、
素早さはメガジュカインが上です

これだったらメガジュカ選出の方が
良かったという場面もありました

ローブシン@チョッキ 意地っ張り
H極振りS4振り50族抜き調整残りA
特性 鉄の拳

conkeldurr.gif

ドレインパンチ マッハパンチ
雷パンチ 叩き落とす

お馴染みチョッキブシン
今作シングルでは滅多に見なくなってしまった

特に変えるところが無かったので
前作の型をそのまま使用

技はこれが安定だと思います
PGL見たらこれが上位4つになってて驚き
でも大体こうなるよね…

鉄の拳のおかげでパンチ技
の威力が上がりますが鬼火が怖い
迷わず鬼火を打たれることもありました

根性の方が安定はすると
いいつつも使い続けてます

Sは本来シングルでマリルリを意識して振ったもの
ですがミラー等を考慮すれば役に立たない
ような調整じゃないのでそのままです
(でも1回ミラーで素早さ負けました)

テテフという恐るべきポケモンに
対抗すべくパーティーに入れました

今作も安定した強さがあるポケモンでした
ドレパンマッパは強い

ただZ技やサイコフィールドの影響やZクリス
タルの登場で叩き落とすも刺さりにくくなった
ので以前よりは安定感が下がりました

ランドロス霊獣@スカーフ 陽気AS
NNアヴァランチ

landorus-therian.gif

地震 とんぼ返り
馬鹿力 大爆発

メガジュカとメガライボが素早さで
勝てない奴らを対処するために最速スカーフ

正直火力不足が深刻で
ミリ耐えを何度もされた悲しみを背負ってます

しかし最速にしない訳にはいかないので
このまま使用

威嚇のせいでテテフとの対面時最速スカーフが
バレるのが致命的な欠点でした

そうはいっても威嚇+とんぼ
+スカーフのシナジーは抜群でした

大爆発は技スペが余ったので採用
せっかくのさかさなので

地割れよりは安定するかなー
と思って入れました

地震で倒せないポリゴンZを相打ちに持ってたり
ブシンにドレパンで回復される前に大ダメージを
与えて退場する使い方が出来たので正解でした

メガライボルトとの相性は良好で
トンボルチェンを威嚇を入れながら可能な
点が強力でした

また、相性補完も悪くは無かったです

ライボでミミッキュの化けの皮を剥がして
威嚇を入れた後にとんぼ返りで倒す芸当も見せました

器用さはさかさでも健在(^^♪

カプテテフ@エスパーZ 臆病CS

tapulele.gif

サイコキネシス サイコショック
エナジーボール 挑発

耐久型や受けループを
駆逐するためのポケモン

もちろん普通に戦っても強い

メガ2体が火力不足なので耐久型に苦戦することが
多かったので拘ってないテテフを採用
Z枠が余ってたのでこやつにしました

性格はミラーやガルーラ意識で最速にしましたが
火力不足が目立ち、ガルーラも最速が多く
テテフはスカーフか襷ばかりなので微妙でした

ただ最速でないと負けてた
場面もあるので失敗とは言い切れません

最初Z枠がいなくてZ枠無くても別に
良くね!?と思ってました

ですがタイプによる無効が無いルールで
Zを使わないのは 勿体無いと思い誰かには
持たせようと思いテテフに持たせました

Zサイコキネシスは半減でも
ごっそりと持ってく超火力
倒せないまでも崩し役には充分でした

しかも誰も無効に出来ず4分の1に出来る
ポケモンも極一部という一貫性の高さでした

ショックはほぼラッキーピンポイント

エナボはムンフォより範囲が
広いので入れました

挑発はかなり役立ちましたがオニゴーリに
対しては挑発を当てた次のターンに毎回必中
零度が飛んできたので無意味でした

ラッキーやポリゴン2にはいい感じに
刺さりましたね

カビゴン@ゴツメ わんぱくHB
NNデヴ
特性厚い脂肪

snorlax.gif

恩返し 眠る
毒々 鈍い

うちのキーパーソン
ん?キーポケモン

カビゴンを相手にしててかなり辛かったので
ならば育ててみようと思い育成しました

この型そのものは特に強化されてませんが
食いしん坊型の大幅強化や専用Zの登場で
型がバレにくくなったのは利点

ライボルトで威嚇を入れた後こいつを繰り出して
ゴツメで削るのがガルーラへの基本的な対処法

終盤は恐ろしき岩雪崩ガルーラの
登場で安定はしなくなりました

鈍いを積めれば要塞と化します
特性が免疫では無いので
毒は入りますが眠るで一応回復出来ます

ガゴの実を持てないので素眠り
なのが辛いところ

恩返しは安定技です
のしかかりなどの他の技だと火力が
足りないと思いました

毒は耐久型意識で採用しましたが
あまり使わなかったです

ハマれば非常に強いですが
積みの起点にされやすいのが難点でした

ガブやカイリューに剣舞龍舞ドラゴンZとか
やられたらお手上げです

積み系のポケモンは積まれる
前に対処を心掛けました

ちなみにパルシェンやバシャーモ
は厚い脂肪のお陰で1回くらいなら
対面で積まれても勝てます
炎氷半減はシンプルに強いっすね

感想

このパーティーでレート1875
最終11位を達成しました

最高スペレと最高最終順位を久しぶりに更新しました

やはり1900と1ページ目を達成したかった
ですが準備が満足に出来なかったことを
考慮すれば上出来だと思ってます

レート1875時点でマッチングしなかったので
無理に潜るとろくなことが無いので潔く終了しました

前作さかさは最終日にレート100溶かしという
とんでもないやらかしをしてたので…

サブロムがあれば良かったんですけどね

ちなみに最近レート自体
過疎ってるためスペレは特に深刻です

レート100下引いたらラッキーという感覚で、
200 300下もガンガン引きました

そんな時に運負けすると
悲惨なことになります

最終的にはマッチングすらしなくなりました
こんなの!悲しすぎる!

スペレは最終日近くになると
上位勢がサブロムで潜り始めたり
する人が出るのでシングルのように
ギリギリまで戦うのはあまり
良くないかもしれないです

本当にレート差マッチングがえげつないので・・・

ちなみに選出率はメガライボルトが一番で後は
それほど差は無いと思います

後重いポケモンは岩雪崩搭載ガルーラとオニゴーリです

カビゴンが怯みまくると突破が厳しくなりました
オニゴーリに関してはマンムーやパルシェンが
いなくなってしまったので確実に倒せるポケモン
が不在になる事態に

テテフの挑発やメガジュカ達で叩こうにも
零度や素早さ&回避アップで難しかったです

ルール自体は大好きなんですが
このシーズンは(いつもか)運負けが酷く
マッチングも悪かったのでレート上げるのは大変でした

ですがメガジュカインが活躍
出来る貴重なチャンスなので奮起しました

前作の経験があったから少ない準備でもここまで
来れたのかなーと認識してます

最終11位が使ってるんだ!
メガジュカインが弱いなんて
言わせねぇぞ!!

おまけコラム

さかさにおける個人的
メガ進化ポケモンランク

S☆☆☆メガガルーラ733779.png

S☆ メガヘラクロス734986.png

A☆☆☆メガライボルト736030.pngメガゲンガー731655.png

A☆☆ メガフーディン733785.png

A☆メガバシャーモ728276.pngメガジュカイン787094.png

B☆☆☆メガミミロップ 818093.png

B☆ メガボーマンダ768739.pngメガバンギラス 735380.png


C以下 その他もろもろ

結論 メガガルーラが強すぎた

kangaskhan-mega.gif


さかさでは弱体化してもなお強いですね・・・
ノーマル技を誰も半減に出来ないのはシンプルに凶悪

そのためガルーラとは違う強さが無いと
採用されにくかったりするのが現状でした。

そうは言っても親子愛弱体化のおかげで
前作よりはいくらか受けやすくなったのは
確かです 6世代ガルーラは化け物か!

メガヘラはメガガル弱体化に伴い増加したと思う
ポケモンでミサイル針の攻撃範囲が広く多くの
タイプの弱点をつけます。連続技なので襷持ち
やミミッキュやオニゴーリなんかにも強い

使用率はそこまで高くないですがメガガルの次
に脅威を感じたポケモンだと思います

メガライボは攻撃範囲や技、素早さ、特性が
環境に絶妙にマッチ。メガゲンは道連れが
弱体化したもののメガガルを上から叩いて倒せる
可能性のある貴重なポケモンなのでこのランク 
ゲンガーの浮遊没収はさかさでは気になりません

メガフーディンはS150と器用さを評価
準速スカーフテテフを抜けるのは大きな強み
ただ親子愛弱体化によりメガガルからこれを
トレースしてシャドボを打っても倒せなくなりました・・。
/(^o^)\ナンテコッタイ 

ガルーラは部分的にはむしろ強化された?

メガバシャは飛び膝をゴーストに交代されて
透かされることは無くなりましたが、
不意打ちが抜群になったのが痛手です。
スペックの高さから出来ることの豊富さは
変わりませんが使用率の割に脅威に感じる
ことがなかったのでこの順位に

攻撃範囲はそれなりに広く、加速は強力なので
もう少し高くてもいいかもしれません

メガジュカはさかさにおける貴重な無効特性と速さと
技範囲を評価(客観的です)SとCがもう少し高ければ・・・。

メガミミは特性が無意味になってますが速い
ノーマルタイプというでだけでも強いです
火力と耐久ともにあと一歩なのが惜しい

メガマンダとメガバンギは種族値や特性を含めた
ポテンシャルの高さは凄まじいものの草4倍、
ノーマル2倍などさかさ環境では厳しい面が
あったのでこのランク

ランクはこうしましたがもっと活躍できたポケモンが
いたかもしれないですね~

では次のさかさが来ることを信じてアディオス
本当にウルトラサンムーンで来てほしいです

ご覧いただきありがとうございました



DLI_7n5U8AI3p-5.jpg

20171001220657ca8uu.jpg
スポンサーサイト

テーマ:ポケットモンスター - ジャンル:ゲーム

ポケモン | コメント:0 |
<<サンムーンS6 シングルレート メガジュカイン入り 最高&最終レート2011パーティ | ホーム | ヨーロッパ感想 第3章イギリス ロンドン編>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。