このSORAの下

超不定期更新!ポケモンなどの趣味について書いてます。

ウルトラサンムーン S9 最高シングルレート2000パーティ ミミロップ入り


はいどもーアスです

初の2期連続レート2000を達成したので記事を書きたいと思います

コンセプトはミミロップ&レヒレの圧倒的なシナジーに目をつけ、ロップがキツイポケモンに強そうなメガ枠のメタグロス、補完の炎ロトム達を取り入れました

基本的な戦い方は例のごとく汎用的な対面構築
です。特別なギミックは苦手です(笑)

ed879ff6.gif

メガミミロップ NN キャロット

特性 柔軟→肝っ玉

陽気AS残りH @メガ石

ねこだまし 冷凍パンチ
恩返し 飛び膝蹴り

可愛い色ミミロップ
FFのおばこさんからいただきました 本当に有難い(^^♪

技はまーテンプレです ORASの頃は恩返しを身代わりにした型を使ってましが恩返しがあるとないとでは技範囲がガラッと変わると痛感しました

身代わりがあればギルガルドにかなり有利になりますが、状態異常はレヒレのフィールドでも対策出来ることから外しました

冷凍パンチはランド、ガブ、グライ、マンダ(一応)等に

ガブは減りましたがランドは多いので打つ場面は
結構ありました

膝を1回しか外さない優秀なポケモンでした
ちなみに膝2連膝外しでも倒れないようにHPはキッチリ奇数調整にしてあります

メガとしての十分な強さがありますがトップメタのような胡散臭い強さは感じませんでした。

それでも高いSや独特の技範囲は現環境でも
光るものがありました

思考停止猫だましを止めると勝率が上がった気がします
ですが火力が特別高くないので少しでも削りたい場面があるので悩ましいところ 

対面の相手やパーティをよく見て判断したい

tapufini.gif

カプ・レヒレ

特性 ミストフィールド

図太い H236 B252 S20 @バンジの実

HPは定数ダメージが最小になる16n-1調整

ハイドロポンプ ムーンフォース
自然の怒り 挑発

型としてはミストフィールドが両メガと非常に相性が良いので両メガのお供に丁度良かったです

また、両メガが苦手とするメガバシャに強いのも採用理由の1つ

波乗りでメガバシャを倒せないので仕方なくドロポンにしましたが…

とにかくやる気がなくレート凋落の原因はこいつ
ドロポンの命中は体感30%、怒りの命中率は80%でした
今回の戦☆犯枠

技構成そのものは使い勝手が良く、ポテンシャルは高かったのでやる気を出してほしい

カミツルギ NN ソードビット

特性 ビーストブースト

陽気AS 残りB @タスキ

kartana.gif

スマートホーン リーフブレード
聖なる剣 叩き落とす

S8と全く同じ型です
そのため詳しい説明は省きますが使いやすさは
かわらずでした
襷が警戒されないので動きやすい 
しかし剣舞が欲しい場面も多かったです

叩き→スマホで襷ミミッキュを倒せるムーヴは
強い

landorus-therian.gif

霊獣ランドロス NN アヴァランチ

特性 威嚇

陽気AS 残りH 拘りハチマキ

地震 岩雪崩
馬鹿力 とんぼ返り

伝家の宝刀ハチマキランドロス

器用なランドだがハチマキを見かけないため育成してみた型
ORASの頃考案した型ですが活躍し出したのは7世代から。今の環境の方がフィットしました。

警戒されないのでダメージレースで有利になる。
特に安易にレヒレやナットに引いてきたら大ダメージを与えられます

具体的には図太いHBのレヒレが確2 呑気HBのナットが中乱数2発
腕白HBカバは流石に確3
一発は耐えられると判断した威嚇込みメガクチートやH振りギルガルドも消し飛ばせます

不利対面でも遅い相手ならとんぼ返りでバカにならないダメージを与えつつ離脱して敵の調整を崩せます

岩雪崩も威力が上がってるので怯みで強引に突破もしやすく、ランドミラーでも多少有利に

馬鹿力はガルーラ、ポリZ、ナット&ツルギ、サザンドラ、風船ドラン&ツンデツンデ、ラプラス等に有効
消耗したカグヤや水ロトム等への最高打点にもなります
地震と範囲が被る場面があるもののあって役立つ面も多かったです

叩きはハチマキとややアンチシナジーなので除外しました

乱数がかなり変わるので意地っ張りにしたい所ですが準速100族や
最速80族に素早さで負けるのは厳しいので陽気を選択 最速100族は知らん(投げやり)

体感では101族だが霊獣ボルトは最速が基本でガルーラとガモスは準速以下が多いです

弱点は上から叩かれて何も出来ずに落とされやすい点と拘り型であるが故の小回りの効かなさです

ゲッコウガ辺りと対面してしまうと非常に不利な状況になってしまいます またダメージ量で流石にハチマキとバレるのでそうなるとマンダ辺りの起点にされることもありました

ですが元レート1位に連勝したり、上位勢をかなり打ち破ったおじさん
ピーキーな印象がありますがポテンシャルは高い

rotom-heat.gif

炎ロトム NN RANGE

特性 浮遊

控えめ HC 残りS 炎Z

オバヒ めざ氷
10万ボルト ボルトチェンジ

両メガで勝てるか怪しいリザY、カグヤ、グロスへ強いので加えました

基本的にはS6の型ですが鬼火の代わりにめざ氷を採用
やたらとガブに交代されるのでかなり刺さりました また。カバに対してめざ氷→オバヒZを打てるムーヴも強力でした

マンダは羽休め持ちが多いため厳しい部分がありましたがそれでも打点があるだけでも助かる場面は少なくなかったです

後の技はいつも通りですね

metagross-mega.gif

メガメタグロス

特性 クリアボディ→硬い爪

陽気 AS 残りB @メガ石

アイアンヘッド 思念の頭突き
冷凍パンチ 地震

ORAS配布の色メタグロス よりメタリックなのがカッコいい

ミミロップがキツそうな相手を処理するメガ枠

ミミロップが99%テテフを呼ぶのでその場合はこいつを選出して暴れてもらう

相手のサイコフィールドを利用して打つ思念の威力はH振り輝石ポリ2を確2に出来る威力

メガマンダに対しても強く1舞地震までなら特化だとしても高乱数で耐えられるので冷凍パンチで迎撃可能 羽休めで粘ろうもんなら凍り付けにしてあげましょう

技は個人的にはこれが一番使いやすいと思ってます S6のスペレの時から変わってません
欲しい技は色々ありますが汎用性を考えるとこれだと思います

頭ごっつんこで不利な状況をひっくり返すことに期待したものの、絶対に相手を怯ませないので理不尽な強さは感じなかったポケモン

ただテテフマンダへ強いので選出する機会はロップと同じか少し高いでした

選出パターンはメガを選出する場合はレヒレとセットで選出して、後は相手のパーティに刺さりそうなポケモンを選出しました

重いポケモンはウルガモスとサンダー
安定して処理できるルートが無かったからです

特に木の実ガモスがかなり増えたので厄介でした

レート2000からはえげつない運負けや250下マッチングや回線切れといった身に覚えの無い運命に殺されかけたので大きくレートと勝率を落としました

最終レートは1800後半くらいまで凋落しました

運等も非常に悪いシーズンでしたがカミツルギやハチマキランドは採用理由がやや薄い面があり
完成度も完璧とはいえない部分もありました

そういったところを直していきたいですね

ちなみにインフレシーズンと言われてましたがマッチングが劣悪だったので自分にとっては不都合でした

ですが2000乗れたのでインフレシーズンに勝てないジンクスは払拭できたと思います

2000 mm

ご覧いただきありがとうございました。


スポンサーサイト
ポケモン | コメント:0 |

ウルトラサンムーン S8 最高シングルレート2053パーティ

どうもこんちやすアスです

S7はインフレシーズンにも関わらずろくな戦績
でなかったのでこのシーズンでは奮起しました

その結果S6以来のレート2000を達成出来ました 

7mleZBKdoF.png

2053.jpg

この構築は以前フレ戦で何となく使ってみたリザマンダのパーティーが想像以上に強かったので
レート用にブラッシュアップして組んでみた構築です

誰を入れるか考えた時に両メガと相性がいいカバは真っ先に思い付き、サイクルやトリルパ崩しとしてテテフ、奇襲、ストッパー要員としてゲッコウガ、両メガに次ぐエースとしてカミツルギを採用しました

S6とは異なりこれまで使って来なかった型やポケモンを取り入れてみました

メガリザードンY NN Nitro

charizard-megay.gif

臆病 CS 残りB 持ち物 メガ石

特性 猛火→日照り

大文字 ニトロチャージ
ソーラービーム めざ氷

1度使ってみたかったニトチャリザY
ニトチャでSを上げればそのまま無双出来ることも多く非常に強かった
めざ氷はマンダガブ意識 あれば助かる場面もありましたが必須では無いと感じました

大文字が当たれば非常に心強いですがよく外すので信用ならなかった…
かといってオバヒはニトチャとアンチシナジーで火炎放射では火力に不安が生じる場面もあるのでこれを採用せざるを得なかったです

Hはステロ意識の奇数調整

メガボーマンダ NN タクティカル

salamence-mega.gif

陽気 AS 残りD 持ち物 メガ石

特性 威嚇→スカイスキン

捨て身タックル 龍の舞
地震 身代わり

羽休めを持たないチンパン魂を持ったマンダ
カバのサポートがあるので舞わなくても強くするため速さを優先し陽気最速にしました
意地っ張りの方が良い場面は特にありませんでしたので正解と言えるでしょう

身代わりは空元気と迷いましたが汎用性を考えるとやはりこちら
特にドヒデジャロをいい起点に出来ました

攻撃性能は非常に高いですがその分消耗が激しいのが難点でした

カプ・テテフ

tapulele.gif

臆病 CS 残りB 持ち物 エスパーZ

特性 サイコフィールド

サイコキネシス ムーンフォース
気合玉 挑発

さかさバトルで使ってたテテフをベースにしたテテフです

サイキネZの火力はとにかく癖になる火力
アシレーヌすら消し飛びます 挑発もあるのでトリルパには非常に強かったです

エスパーZは半減でもごっそり持っていく超火力
ですがメタグロスとギルガルドをもうすっごい後投げされるのが辛いところでした

ムンフォは龍への打点で悪への命中安定技です また、フィールドを取られた時の最大火力技
この枠はサイコショックや瞑想でも良かったかもしれません

ラブボめざ炎を粘った個体ですがドランに通る気合玉を採用 
ハッサムは環境に多くはないので間違いなく正解でした

カバルドン NN カバちゃん

hippowdon-f.gif

腕白 HB 残りS 持ち物 ゴツメ

特性 砂起こし

地震 吹き飛ばし
怠ける ステルスロック

パーティの生命線 物理受け兼サポート役

あくびを警戒させるためにコケコやレヒレはパーティに入れませんでした
身代わりは問題無く吹き飛ばせますが挑発で機能停止します

こいつがサポートして後続が無双するのが基本的な戦法
先発ではあまり出さず物理アタッカーに繰り出してゴツメダメを稼ぎつつステロやらでサポート
することが多かったです

扱いがどうも下手で回復するべきタイミングや攻撃するべきタイミングを間違える時があまりにも
多かったのが大きな反省点でした

ゲッコウガ NN サクラ

greninja.gif

無邪気 CS 残りB 持ち物スカーフ

特性 変幻自在

ダストシュート 草結び
冷凍ビーム 岩雪崩

奇襲及びストッパー役のスカーフゲッコウガ

Sビースト&スカーフアーゴヨン 1舞メガギャラ
1舞メガマンダ コケコ フェローチェ
1舞&スカーフガモス ニトチャリザY スカーフランド スカーフテテフ スカーフカミツルギ
といった本来Sで負けてるポケモンやSが上がったポケモン達を狩ります

なおギャラはメガしても草結びで無振りだとしても1発は耐えられるので事前に少し削る必要があり
ます

レートがそれほど高くないうちは奇襲(主にコケコに対して)が面白いくらい決まりこいつの
おかげで中盤には勝率8割でレート1850まで到達出来たといっても過言ではないです

しかしレートが上がってからは中々厳しく選出しても腐りがちになってしまいました
この辺りはスカーフガブにも共通する部分です

パーティー単位でゲッコウガが半ば詰みレベルで重いのでミラーに合わせて無理やり草結びで削りにいくプレイングも行いました

技スペ上鋼への打点が皆無なのも辛いですね
岩雪崩と悪の波動は最後まで悩みました

カミツルギ NN ソードビット

kartana.gif

陽気 AS 持ち物 襷

特性 ビーストブースト

リーフブレード 聖なる剣
スマートホーン 叩き落とす

まさかの襷フルアタツルギ
カバのサポートを考えると少しでも技範囲を広げてビーストブーストで無双したいと考えました
どの技も必要な場面はあったので正解だと思います

襷枠が余っていたのでこいつに持たせました 砂で襷を潰されないのが偉い
Aは化け物ですが技火力が低くミリ耐えを許した場面がいくつもありました(T-T)

剣舞が無いので対受けループ性能や爆発力が
そこまで高くないのが欠点でした

基本選出は特に決まってませんがカバ+2@が多かったです
メガ2体が強烈なキャラパを持っており当然メタられるのでメガなし選出をすることもありました
刺さり方が微妙なら無理にメガを出さないほうが良い場合も少なくはなかったですね

全体としては晴れや、砂、サイコフィールドとアンチシナジーにはならないような構築を意識しました

カミツルギとテテフはスカーフを警戒される
ことが多かったので場合によってはスカーフを
装った強気のプレイングも行いました

重いポケモンは何といってもゲッコウガ どの型でも厳しかったです 無理やり突破するかマッチングしないことを祈るしか対策が無かったです…

メガゲンガーも辛く特に純粋なアタッカーだと半壊しました
催眠術は全部避けました()

受けループはラッキームドーがいるシンプルなタイプだときつかったです
ドヒデブルルドランは問題にしませんでした

最高レートは更新出来ましたがそこから運負け、プレミ、レート確認失敗という地獄の連敗を喫してしまったのが非常に苦しいですが前シーズンの雪辱は果たせたと思ってます

そのため最終レートは2011になります

ご覧いただきありがとうございました



ポケモン | コメント:0 |

サンムーンS6 シングルレート メガジュカイン入り 最高&最終レート2011パーティ

おはこんばんにちは アスですー

今回はシングルレートの記事を書いていきます
ORAS以来2度目でありサンムーンでは唯一となる
レート2000を達成しました
また最高レートを久方ぶりに更新しました

86c09b0a73ee879584772a09e4cad43f.png

2011 2

コンセプトは汎用的な対面構築パーティです

これはXY時代に使っていたパーティーを
ベースとしてサンムーン環境に合わせてリメイクしたパーティーです

1510297080919.jpg

この過去のパーティーではパーティーに
必要なタイプ枠を自分なりに考案して
それに相応しいポケモンで組んで戦いました

それを参考にしながら今の環境で使いたい
ポケモンで組んでいきました

ベースパーティと比較すると

草枠 キノガッサ→メガジュカイン
炎兼電気枠 炎ロトム
地面枠 ガブリアス
鋼枠 キリキザン→テッカグヤ
霊枠 メガゲンガー
水兼妖 マリルリ

型は色々変わってますが変更した
ポケモンについて言及します

草枠を変更したのは純粋にメガ
ジュカインをどうしても使いた
かったからとメガボーマンダに
対抗出来る点を考慮したからです

テッカグヤは地面無効かつフェアリーを
安定して受けれる点を評価しました

XYでは最高レートは1976(勝ち確定
の場面で切断されて反映を待つ前に
潜って負けたので実質は1992相当)であり
この時2000に届かかなかった雪辱を
果たすことが出来ました

序盤はコケコランドグロスメインの
パーティーで潜っていて1900までは
来れたのですがゲッコウガの失態もあり
暴落してしまい色々と迷走した後に
再編成したのがこれになります

メガジュカインと相性のいいポケモン
を模索する中でかつてのパーティーで
活躍した炎ロトムやマリルリなどが良い
と考え採用していたXYのパーティーを参考
にして考案したのが経緯です

100戦未満で1900までは行けましたが
その後しばらく満足に勝てずに累計200戦
以上した後にレリセしてこのパーティーを
組み100戦と少しで2000到達したので累計で
350戦ほどは戦いました

久々のシングルで最終シーズンと
いうこともありモチベは高かったなー
と思います

環境に慣れるために対戦数が必要でしたね

sceptile-mega.gif

メガジュカイン臆病CS残りB@メガストーン
特性新緑→避雷針

エナジーボール リーフストーム
龍の波動 気合玉

筆者お気に入りのポケモン
以前国際孵化で粘った個体です
格好良さなら間違いなくSランク

前作との相違点は

強化点は苦手なファイアロー、メガガルーラ、メガゲンガー等の下方修正

メガ進化のターンにメガ後の素早さが反映

弱体化点はタイプ上不利である強力なフェアリーが増加

電磁波の弱体化により避雷針の価値が低下

大まかにはこんな感じです

メガ進化全体の仕様変更は純粋に強化であり

天敵のアローが消えたりしたので前作よりは
少しだけ動きやすくなりました

フェアリー勢の中でもコケコレヒレアシレに強いのは幸いです ミミッキュテテフは無理ですが…

特性避雷針については鈍速ポケモンの電磁波の採用率が激減したのが痛手です

また悪戯心+電磁波を用いた化身ボルトロスや
クレッフィも大きく数を減らし先制電磁波を
無効に出来る強みも活かし辛くなってしまい
ました

電気技を誘い交代読みめざ氷を打たれる
恐怖に打ち勝ち電気技に繰り出してCを
ブーストさせて勝った試合があるので死に特性
では無いですがメガポケの特性としては明らか
に力不足ですね…

ちなみにメガ前の特性新緑は機会は少ないです
が発動すればメガ後よりも草技の威力が高く
なります

交代時に冷Bを食らい新緑圏内になったので
メガせずに草技を打った場面もありました

メガターンにメガ後S反映状態のおかげでメガする
タイミングを選びやすくなったのでこれを行い
やすくなったのは地味ながら嬉しいですね

努力値はシンプルにCS極振りです
低耐久かつ両刀にしない以上は極振りがベスト
だと考えました

S特化すれば準速スカーフランドロスを抜き去ることが出来ます

強みはとにかく速いこと スカーフ持ち以外に抜かれることは少なく並のスカーフ持ちすら抜けるレベルです

技は概ねこれで良いと思っています
エナボに関してはフェアリー増加に
より龍波の通りが悪くなりエナボの
方が一貫する場面も増えました

ノーデメリットで命中安定なのは安心
これが無ければ負けてた場面もあります

リフストを下手に打つとメガマンダ辺りの起点にされかねません

気合玉は貴重なサブであり攻撃範囲の
広さから採用
これが通らない鋼も多いですが無いと
きつい場面も多いです

ただめざ炎が欲しい場面もかなり多かったです

ハッサムへの打点、ナットカミツルギへの命中安定打点、ギルガルドやテッカグヤの身代わりを破壊出来るので身代わりを残される心配が無いためです

欠点はCは145族ですが強化アイテムを持てず、
特性による強化もあまり期待出来ないので火力不足気味であったり攻撃範囲に難があり
メイン技がどちらも鋼に半減され、弱点をつける数も合わせて4タイプと少なめな所です

等倍を取れる相手はそれなりにいますが
等倍相手ならリフストが通らないとまず
1撃では倒せないのが苦しいです

選出率はそこまで高くなかったです・・。
安易に選出すると3体全員に役割を持てない
という事態も発生したので慎重に判断しました

ただ見せポケにはしたくなかったのである程度刺さっていると判断出来れば選出しました

2000台の方の砂パを圧倒した時は感動の涙を流しそうになりました

天候パやカバマンダ軸や気合玉が通る鋼枠がいるパーティーやライボランド軸には比較的選出しやすかったです

強い相手には強いので見極めは重要です

気合玉の命中率は体感85% リーフストームの命中率は体感75%でした

次はもっと選出出来るパーティーを組みたいところです

garchomp-f.gif

ガブリアス陽気AS残りD@スカーフ
特性 鮫肌

地震 岩雪崩
逆鱗 ステルスロック

お気に入りのスカーフガブリアス
サンムーンではフェアリーの増加で評価を
下げてしまい使用率がまさかの15位まで
落ちましたがそれでも見捨てずに使い続けました

これまでは意地っ張りスカーフを使い続けて
いましたが最速メガリザや最速ウルガモスが
増加したので陽気最速スカーフガブリアスを
起用しました

逆鱗の通りはかなり悪くなりましたがスペックの高さは健在

奇襲や積みストッパーとして優秀な働きを見せました

火力不足が心配でしたがミリ耐えされる場面はそれほど多くなく
今の環境なら陽気で正解だったと思います

前作では汎用的なアタッカーとして運用して
ましたが今作では役割を絞っての運用を意識
しました

その分前作よりは選出率が下がりました

陽気だとサブウェポンの火力が足りないと判断し
思い切ってステロを採用してみました

ステロとメガジュカインの相性は良好ですし

ただこだわってるので使い勝手は悪く1度しか
使いませんでしたが…

ミミッキュやテテフとのタイマンでワンチャン残せるアイへの方が良かったかもしれません

今の環境では厳しい場面も増えましたが
まだまだ活躍の余地はあると思います

rotom-heat.gif

炎ロトム控えめC特化S4振りFCロトム抜き抜き調整残りH@炎Z
特性 浮遊

オバヒ 10万ボルト
ボルトチェンジ 鬼火

本パーティーのキーマン(キーポケモン)
鋼を激しく誘うことや誰と選出しても
相性が良いため圧倒的な選出率を誇りました

炎Zは癖になる火力ですが守るや身代わりで
しっかり対策はされました 炎技がオバヒしか
覚えないため相手にとっては身代わり安定なの
が辛いですね

オバヒや鬼火をよく外し炎タイプのくせして
永久凍結しましたが本パーティーを根底から
支える働きをしたのでMVPなのは確かです

拘って無いこともありボルチェンで上手く
サイクルを回したり鬼火で後続サポートや
ミミッキュ辺りを弱体化させたりと器用に
立ち回ることが可能でした

めざ氷はメガマンダは羽休めで回復が間に合ってしまう点やガブの使用率の低下を考慮して外しました

メガマンダとの対面以外では欲しい場面は
無かったですね ボルチェンで正解でした

S調整はしてますがSに多く努力値を割いた
水ロトムや炎ロトムが多くこれに関しては全く
役立ちませんでした(;-;)

数値が足りないと言われておりますが器用さを
活かせれば充分活躍は出来ます

gengar-mega.gif

メガゲンガー臆病HS残りB@メガ石
特性呪われボディ→影踏み

挑発 催眠術
祟り目 ヘドロ爆弾

サイクル&受けループ解体職人

ヘイトを集めている催眠ゲンガー
前作で1度だけ使ったことがありますが
不安定さから封印したポケモンでしたが
それを解いてしまった…

最初はゴーストの一貫を切るため霊枠を
廃止してポリゴン2を入れていましたが
激増した高耐久サイクルパや受けループに
良いようにやられることが多く抵抗はありま
したが導入しました

まさに毒を持って毒を制す感じです
(毒タイプだけに)

前作では鬼火を採用していたのですがメガ前
特性の浮遊を没収されたことでメガ進化しない
ことでガブやマンムーに地震を食らわずに鬼火
を入れられることが出来なくなった点、炎ロトムが鬼火を採用している点、サイクルパに必ずいるヒードランに無効な点などの噛み合わない点が多数あったから外しました

日和って鬼火にしなくて本当に良かったです

また催眠があることで重いポケモンを処理したり不利な状況をひっくり返せる可能性を残すことが出来ます

また、高い素早さからの挑発が可能であり
起点作りを阻止出来るのも採用理由の1つです

ツボツボ等の起点作りを阻止出来、メガボーマンダやメガクチート等に積まれるのも防げました

ただカバルドンを筆頭とする地面タイプの起点
作り要員相手には相性上安定しなかったです

そいつらはメガジュカやマリルリで処理や牽制
をしました

催眠に頼らなくても挑発で展開阻止、ヘド爆
でごり押し足り、炎ロトムで鬼火を撒いた後に
祟り目で押し切るといった戦法も取れます

運が絡みますが
ヘド爆の追加効果による毒→祟り目も可能です

弱体化はしましたがそれでも尚強いですね

対サイクルや受けループ相手に効果覿面で活躍をしてくれましたが命中率や眠りターン等
の不確定要素の多さから選出率はそこそこ
まあまあです

さすがにこやつ1匹で常勝は不可能なので

対受けループに特化するのであれば
滅びゲンガーの方が良かったと思います

ただ汎用性を考えるとこの型の方が良かった
かと思います

azumarill.gif

マリルリ意地っ張りHA残りS@拘りハチマキ
特性 力持ち

アクアジェット 滝登り
馬鹿力 じゃれつく

メガバシャやメガギャラが重かったので活躍の機会は多かったです

腹太鼓するよりもフルアタにして殴る方が強いと考えこの型にしましたが正解でした

ハチマキがあることで恐ろしい火力を得られ崩し役や終盤の掃除役にぴったりでした

環境的にはテテフの影響でアクジェが無効にされる場面が出来たのが逆風ですね

馬鹿力はポリゴン2やナットレイを意識
ナットはあまり選出されませんでしたがポリゴン2はかなり選出されたので
馬鹿力でごり押しました()ポリ2はもう少しいい対策があったはすですが…

炎ロトムに次ぐ大活躍をしたポケモンですね
ハチマキが思いのほか読まれなくて好都合でした

またじゃれつくを1度も外さない素晴らしい働き
をしてくれました

celesteela.gif

テッカグヤ臆病HS残りB@食べ残し
特性 ビーストブースト

ヘビーボンバー 火炎放射
身代わり 宿り木の種

テテフを筆頭とするフェアリー対策であり補完枠
技はこれが至高だと思ってます

守るを切ってますがそれほど不備は無かったです
カグヤムドーナットへの有効打の放射の方が重要でした

Sに振ることで準速ガッサや無振りグライオンを
抜けるのでメリットは大きかったですが耐久に
少し不安も生じました

フェアリー対策にとどまらず優秀な耐性から
クッションとして活躍したり低速サイクル
(特にドヒデブルル)相手に有利でした

受けループやサイクルパはメガゲンガーとテッカグヤのコンビで戦いました PP狩らされるのでどっかでメガゲンガーでキャッチする必要があるからですね

とはいえ完封出来るわけでは無く読みが必要
であり、一撃技の存在等から確実に勝てるわけ
では無かったですが無対策だと完封されかね
なかったので導入は正解だと思います

炎技は途中までは大文字だったのですがPPの多さ
と命中率を考慮して放射にしました

バシャリザギャラには有効打が無く起点に
されかねかったのでマリルリと選出すること
が多かったです

今作新登場のポケモンではテッカグヤの独特の
デザインと能力を大いに気に入りましたがサン
を購入してしまったので入手出来なかったため
GTSで交換して貰った個体を王冠で鍛えて使い
ました

Cの個体値を調整してビーストブーストでSを上げる調整を出来たら面白かったとも思います
Cが上がるのも悪くは無いんですがね(>_<)

今思えば陽気HSの方が良かったかもしれません
下降補正放射でも役割破壊には充分な火力がありますし、6VのHS振りでビーストブーストにてSを上げられるので

統計は取ってませんが選出率は炎ロトム>マリルリ>その他 という感じだと思います

メガジュカインと炎ロトム メガゲンガーとテッカグヤ テッカグヤとマリルリは対選出になることが多かったです

ジュカ ロト ガブ

ジュカ ロト マリルリ

ゲンガー ロト カグヤ

ゲンガー カグヤ マリルリ

のパターンが多かったです
場合によってはメガ無し選出も行いました
意表をつけるので結構効果的でしたね

ルーティーンは存在しないので
相手のパーティーをよく見極めて
選出していきました

重いポケモン

ポリゴン2
電気技を持っている個体にカグヤやマリルリを
安易に後出しすると厳しい展開になります
明確な処理ルートが無いのが辛かったです

サンダー
終盤に増えた印象のポケモン
コイツがかなりキツかったです
身代わりやどくどくで炎ロトムも
いなされてしまいました

メガリザードン
XとY共に対面から勝てるポケモンは
いるものの交代を読まれたりXかYか
判断を間違えると崩されやすかったです
スカーフガブ以外対策が薄かったです

メガボーマンダ
ポリ2がいなくなってしまったことで
一度龍舞を積まれると半ば積み状態に
なります

積まれる前にメガジュカで倒したり
Sにあまり振られてなければスカーフ
ガブで倒すようにしました炎ロトムの
鬼火も有効ですが身代わり持ちが多く
微妙でした

メガバシャやテテフやガルドもですが
確実に来ることが分かっているため
対策出来るマリルリ、カグヤ、炎ロトム
を出すことで対処は可能でした

感想

互換切りの前にお気に入りのジュカインを筆頭
とする馴染みのポケモン達と再びレート2000に
乗れたことを大変嬉しく思います

テッカグヤ以外は全員XY産なんですよね
この頃が一番育成のモチベが高かったので

このしょぼいブログですがいずれレート
2000に乗った記事を書いてみたかった
ので目標を達成出来ました~!

前回乗った時はブログを持っておらず完全に
タイミングを逃してしまいました|д゚)

勝ちきれなくなった際に最後のシーズンなので
メガジュカを入れて戦おうと考えたことが
きっかけです

メガジュカインがいたり使用率13位以上の
ポケモンが皆無だったり害悪ポケモンがいたり
と異色のパーティですがバランスは良かった
と思います

ぶっちゃけ2000行けるとは思っておらず1900行ければ充分と思ってました

次2000乗れたら2100以上を目指してみたいです

ただゲームバランスの悪さや互換切り、オンラインの民度の低さ(煽り 切断 晒し等)
などで辟易しているので次回作は買うとは思いますがどれくらいガチるかは未定です

こういった背景からレート勢も年々減っているのかもしれませんね
純粋に別に面白いゲームが多いことも影響してそうですがね(>_<)

またレート界隈が盛り上がるといいんですけどね・・。

長くなりましたがご覧いただきありがとうございました!
そしてサンムーンお疲れ様&マチありでした


ポケモン | コメント:2 |

サンムーンS5 スペレ さかさバトル メガジュカイン入り 最終11位 レート1875パーティー

はいどもーアスです

今回はSM、S5スペレのさかさバトル
最終11位のパーティーの紹介です!

787094.png736030.png482906.png
663403.png817125.png812449.png


前作同様メガジュカインを
採用しています

前作との相違点は

Z技の登場により火力インフレ
これにより受けポケの減少

カプ系とミミッキュの登場

電磁波弱体化により避雷針の
有用性が低下

コケコやデンジュモクといったサブに
草技を持つポケモンの増加

準速スカーフテテフや最速フェローチェといった
メガジュカインより速いメジャーポケの登場

といった所ですね

前作で使ってたパーティーはテテフで詰む
+アローが 大幅弱体化で流用すら出来なくなりました

序盤はバンクが切れてたのもあり
サンムーンにいたポケモンを見繕って組んだ
パーティーで戦ってました
フェローチェやメガガルなんかを使いました

これが意外に勝てて
1700までは行けましたが頭打ち

その後時間が出来たらバンクを更新しメガジュカインと
マンムーの並びをメインに再編成し1800寸前まで到達

しかし、無理にステロを撒こうとして隙を作ったり
選出が読まれたりと勝ち切れない展開に

最終的には救世主メガライボルトを加えた
このパーティーで戦いました

メガジュカインとステロは相性抜群ですが
ステロそのものは環境に刺さっておらず外ました

結局対面構築のパーティーになりました
メガライボとランドの威嚇を入れながらの
トンボルチェンも可能です

このパーティーにしてからは運負けは多かったものの
一方的に負ける試合は少なく安定した構築だと思います

メガジュカイン@メガ石 臆病CS
NNフルセイバー

sceptile-mega.gif

エナジーボール リーフストーム
龍の波動 守る

型は前作と同じですが今回は国際孵化で
粘った色ジュカインを使いました

メガジュカインを活躍させるためだけに
さかさやってるといっても過言ではないです(笑)
技はこれで完成されていると思います

エナボはノーデメリットと命中安定の基本技
有利対面でこれをガンガン撃ちます

守るは猫だまを防いだり不意打ちへの
牽制に使いましたあって損は無かったですね

毒々や宿り木の種も欲しい場面はありましたが
受けポケは少なかったのでこれで良いと思いました

リフストは体感命中率75% エナボで
倒せるか微妙な時に使ったものの悉く外した
どうして90%技が当たらないのか…

火力と素早さの一歩足りない感は常に
感じました

準速スカーフテテフをギリギリ抜けないのは
きつかったですしかも無振りテテフを龍波で
倒せない(高乱数1発)事件も発生しました

だからSはメガフーディンと同じ150にしろとあれほど…

しかし攻撃範囲は相当広く
刺さる相手には刺さりました

シングルの流用のようなパーティーは簡単に
制圧できました

過小評価されてますがメガ枠がこやつ1体の時でも
1800目前まで行けたので強いと思います

後述の救世主を入れることで
1800を軽く超えることが出来ました

環境的には役割対象のメガゲンガーが減りま
したが代わりにメガヘラが増えたことからメガ
進化同士のタイマンは決して弱くはないです

ミミロップやボーマンダ、ライボルトの
上も取れます

ですが一番倒したいメガガルーラ
は基本的に勝てません|д゚)

グロパン不意打ちで倒そうとしてくる場合は
守るを用いた択ゲーで勝てる可能性もあります
実際に1度それで勝ちました

メガライボを入れてからは選出率が
大きく下がってしまいました

リフストをちゃんと当ててくればもう少し
選出出来たかもしれない…

メガライボルト@メガ石 臆病CS
NN ライトニング
メガ前特性避雷針

manectric-mega.gif


10万ボルト ボルトチェンジ
オーバーヒート 寝言

救世主 メガ枠が1体だと
選出が読まれやすくなるので採用

特にジュカインがメガ進化してないと電気が
完全に一貫してたのでメガ前が避雷針のこやつを加入

これで前作同様ジュカライボが
メガ枠になりました

メガ前避雷針はカプ・コケコ対面時にメガしないことで
スカーフの奇襲を回避する戦法や電気技読みで
繰り出せる利点があります

ですが、トレースされると
苦しいデメリットがあります

ライボルトの避雷針は有名
なのでメガするまで電気技を
撃たれることは無かったです…

攻撃範囲が広く交代技を持ち
威嚇もある万能ポケモン

威嚇→ボルチェンでカビゴンに繋ぐのが
ガルーラを安定して対処出来るルートでした

寝言はガッサがあまりにも
憎かったので採用

しかし2連続でオバヒが出る時もあり安定は
しませんでしたが読まれないので対策にはなりました

ガルーラは今作でも多く相手のパーティーに
いるときは選出する機会はかなり多かったです

パーティーの安定性が上がりましたが
メガジュカインの選出率が下がりました…
攻撃範囲が被ってるのも原因かな

しかし対飛行、虫、毒性能や 火力、
素早さはメガジュカインが上です

これだったらメガジュカ選出の方が
良かったという場面もありました

ローブシン@チョッキ 意地っ張り
H極振りS4振り50族抜き調整残りA
特性 鉄の拳

conkeldurr.gif

ドレインパンチ マッハパンチ
雷パンチ 叩き落とす

お馴染みチョッキブシン
今作シングルでは滅多に見なくなってしまった

特に変えるところが無かったので
前作の型をそのまま使用

技はこれが安定だと思います
PGL見たらこれが上位4つになってて驚き
でも大体こうなるよね…

鉄の拳のおかげでパンチ技
の威力が上がりますが鬼火が怖い
迷わず鬼火を打たれることもありました

根性の方が安定はすると
いいつつも使い続けてます

Sは本来シングルでマリルリを意識して振ったもの
ですがミラー等を考慮すれば役に立たない
ような調整じゃないのでそのままです
(でも1回ミラーで素早さ負けました)

テテフという恐るべきポケモンに
対抗すべくパーティーに入れました

今作も安定した強さがあるポケモンでした
ドレパンマッパは強い

ただZ技やサイコフィールドの影響やZクリス
タルの登場で叩き落とすも刺さりにくくなった
ので以前よりは安定感が下がりました

ランドロス霊獣@スカーフ 陽気AS
NNアヴァランチ

landorus-therian.gif

地震 とんぼ返り
馬鹿力 大爆発

メガジュカとメガライボが素早さで
勝てない奴らを対処するために最速スカーフ

正直火力不足が深刻で
ミリ耐えを何度もされた悲しみを背負ってます

しかし最速にしない訳にはいかないので
このまま使用

威嚇のせいでテテフとの対面時最速スカーフが
バレるのが致命的な欠点でした

そうはいっても威嚇+とんぼ
+スカーフのシナジーは抜群でした

大爆発は技スペが余ったので採用
せっかくのさかさなので

地割れよりは安定するかなー
と思って入れました

地震で倒せないポリゴンZを相打ちに持ってたり
ブシンにドレパンで回復される前に大ダメージを
与えて退場する使い方が出来たので正解でした

メガライボルトとの相性は良好で
トンボルチェンを威嚇を入れながら可能な
点が強力でした

また、相性補完も悪くは無かったです

ライボでミミッキュの化けの皮を剥がして
威嚇を入れた後にとんぼ返りで倒す芸当も見せました

器用さはさかさでも健在(^^♪

カプテテフ@エスパーZ 臆病CS

tapulele.gif

サイコキネシス サイコショック
エナジーボール 挑発

耐久型や受けループを
駆逐するためのポケモン

もちろん普通に戦っても強い

メガ2体が火力不足なので耐久型に苦戦することが
多かったので拘ってないテテフを採用
Z枠が余ってたのでこやつにしました

性格はミラーやガルーラ意識で最速にしましたが
火力不足が目立ち、ガルーラも最速が多く
テテフはスカーフか襷ばかりなので微妙でした

ただ最速でないと負けてた
場面もあるので失敗とは言い切れません

最初Z枠がいなくてZ枠無くても別に
良くね!?と思ってました

ですがタイプによる無効が無いルールで
Zを使わないのは 勿体無いと思い誰かには
持たせようと思いテテフに持たせました

Zサイコキネシスは半減でも
ごっそりと持ってく超火力
倒せないまでも崩し役には充分でした

しかも誰も無効に出来ず4分の1に出来る
ポケモンも極一部という一貫性の高さでした

ショックはほぼラッキーピンポイント

エナボはムンフォより範囲が
広いので入れました

挑発はかなり役立ちましたがオニゴーリに
対しては挑発を当てた次のターンに毎回必中
零度が飛んできたので無意味でした

ラッキーやポリゴン2にはいい感じに
刺さりましたね

カビゴン@ゴツメ わんぱくHB
NNデヴ
特性厚い脂肪

snorlax.gif

恩返し 眠る
毒々 鈍い

うちのキーパーソン
ん?キーポケモン

カビゴンを相手にしててかなり辛かったので
ならば育ててみようと思い育成しました

この型そのものは特に強化されてませんが
食いしん坊型の大幅強化や専用Zの登場で
型がバレにくくなったのは利点

ライボルトで威嚇を入れた後こいつを繰り出して
ゴツメで削るのがガルーラへの基本的な対処法

終盤は恐ろしき岩雪崩ガルーラの
登場で安定はしなくなりました

鈍いを積めれば要塞と化します
特性が免疫では無いので
毒は入りますが眠るで一応回復出来ます

ガゴの実を持てないので素眠り
なのが辛いところ

恩返しは安定技です
のしかかりなどの他の技だと火力が
足りないと思いました

毒は耐久型意識で採用しましたが
あまり使わなかったです

ハマれば非常に強いですが
積みの起点にされやすいのが難点でした

ガブやカイリューに剣舞龍舞ドラゴンZとか
やられたらお手上げです

積み系のポケモンは積まれる
前に対処を心掛けました

ちなみにパルシェンやバシャーモ
は厚い脂肪のお陰で1回くらいなら
対面で積まれても勝てます
炎氷半減はシンプルに強いっすね

感想

このパーティーでレート1875
最終11位を達成しました

最高スペレと最高最終順位を久しぶりに更新しました

やはり1900と1ページ目を達成したかった
ですが準備が満足に出来なかったことを
考慮すれば上出来だと思ってます

レート1875時点でマッチングしなかったので
無理に潜るとろくなことが無いので潔く終了しました

前作さかさは最終日にレート100溶かしという
とんでもないやらかしをしてたので…

サブロムがあれば良かったんですけどね

ちなみに最近レート自体
過疎ってるためスペレは特に深刻です

レート100下引いたらラッキーという感覚で、
200 300下もガンガン引きました

そんな時に運負けすると
悲惨なことになります

最終的にはマッチングすらしなくなりました
こんなの!悲しすぎる!

スペレは最終日近くになると
上位勢がサブロムで潜り始めたり
する人が出るのでシングルのように
ギリギリまで戦うのはあまり
良くないかもしれないです

本当にレート差マッチングがえげつないので・・・

ちなみに選出率はメガライボルトが一番で後は
それほど差は無いと思います

後重いポケモンは岩雪崩搭載ガルーラとオニゴーリです

カビゴンが怯みまくると突破が厳しくなりました
オニゴーリに関してはマンムーやパルシェンが
いなくなってしまったので確実に倒せるポケモン
が不在になる事態に

テテフの挑発やメガジュカ達で叩こうにも
零度や素早さ&回避アップで難しかったです

ルール自体は大好きなんですが
このシーズンは(いつもか)運負けが酷く
マッチングも悪かったのでレート上げるのは大変でした

ですがメガジュカインが活躍
出来る貴重なチャンスなので奮起しました

前作の経験があったから少ない準備でもここまで
来れたのかなーと認識してます

最終11位が使ってるんだ!
メガジュカインが弱いなんて
言わせねぇぞ!!

おまけコラム

さかさにおける個人的
メガ進化ポケモンランク

S☆☆☆メガガルーラ733779.png

S☆ メガヘラクロス734986.png

A☆☆☆メガライボルト736030.pngメガゲンガー731655.png

A☆☆ メガフーディン733785.png

A☆メガバシャーモ728276.pngメガジュカイン787094.png

B☆☆☆メガミミロップ 818093.png

B☆ メガボーマンダ768739.pngメガバンギラス 735380.png


C以下 その他もろもろ

結論 メガガルーラが強すぎた

kangaskhan-mega.gif


さかさでは弱体化してもなお強いですね・・・
ノーマル技を誰も半減に出来ないのはシンプルに凶悪

そのためガルーラとは違う強さが無いと
採用されにくかったりするのが現状でした。

そうは言っても親子愛弱体化のおかげで
前作よりはいくらか受けやすくなったのは
確かです 6世代ガルーラは化け物か!

メガヘラはメガガル弱体化に伴い増加したと思う
ポケモンでミサイル針の攻撃範囲が広く多くの
タイプの弱点をつけます。連続技なので襷持ち
やミミッキュやオニゴーリなんかにも強い

使用率はそこまで高くないですがメガガルの次
に脅威を感じたポケモンだと思います

メガライボは攻撃範囲や技、素早さ、特性が
環境に絶妙にマッチ。メガゲンは道連れが
弱体化したもののメガガルを上から叩いて倒せる
可能性のある貴重なポケモンなのでこのランク 
ゲンガーの浮遊没収はさかさでは気になりません

メガフーディンはS150と器用さを評価
準速スカーフテテフを抜けるのは大きな強み
ただ親子愛弱体化によりメガガルからこれを
トレースしてシャドボを打っても倒せなくなりました・・。
/(^o^)\ナンテコッタイ 

ガルーラは部分的にはむしろ強化された?

メガバシャは飛び膝をゴーストに交代されて
透かされることは無くなりましたが、
不意打ちが抜群になったのが痛手です。
スペックの高さから出来ることの豊富さは
変わりませんが使用率の割に脅威に感じる
ことがなかったのでこの順位に

攻撃範囲はそれなりに広く、加速は強力なので
もう少し高くてもいいかもしれません

メガジュカはさかさにおける貴重な無効特性と速さと
技範囲を評価(客観的です)SとCがもう少し高ければ・・・。

メガミミは特性が無意味になってますが速い
ノーマルタイプというでだけでも強いです
火力と耐久ともにあと一歩なのが惜しい

メガマンダとメガバンギは種族値や特性を含めた
ポテンシャルの高さは凄まじいものの草4倍、
ノーマル2倍などさかさ環境では厳しい面が
あったのでこのランク

ランクはこうしましたがもっと活躍できたポケモンが
いたかもしれないですね~

では次のさかさが来ることを信じてアディオス
本当にウルトラサンムーンで来てほしいです

ご覧いただきありがとうございました



DLI_7n5U8AI3p-5.jpg

20171001220657ca8uu.jpg

テーマ:ポケットモンスター - ジャンル:ゲーム

ポケモン | コメント:0 |

ポケモンS17 シングルレート1953

おはこんばんにちはアストレアです

スペレに続いてシングルの記事です

最高は1953 最終は1908です
結構久々の1900台です ただ2000がまじで遠い・・・。
少し溶かしたことで最終総合レートが8900を切ったのが残念です( 一一)

1953で2000勢と当たり択読みに負けた後は
後述するメガゲンの失態でズルズルと後退してしまいました
最後まで運に泣かされる結果となってしまいました・・。

S_4904236479033.jpg

S_4904236578817.jpg

コンセプト 
今シーズンは1850くらいまではいままで使ってたパーティにメガサナを加えたパーティで
潜ってたところ催眠メガゲンガーにいいようにやられてしまったため
ならばそのメガゲンを使ってやろうと思いパーティを組みなおしました

対面構築を極限まで推し進めたパーティ

選出率は
ゲンガー>ゲッコ>ニンフ>バシャ>ガブ>ガル

タイマン性能が高いポケモンでゴリゴリ押してくスタイルです

バシャーモ NN ファミチキ

意地AS 特性加速 持ち物 命の珠

フレドラ 叩き落とす
飛び膝蹴り 守る

メガしないバシャ
意地珠ならメガバシャよりも火力が出ます

欠点は珠ダメによる消耗が激しいのと
Sが微妙に足りない点でした

しかしメガバシャの守るを警戒して引いてく人もいたので
そういう時に叩きを打つと面白いくらい刺さりました

地面わこつしない優秀なバシャ

メガガルーラ

意地っ張りAS 特性肝っ玉 持ち物メガ石

秘密の力 不意打ち
グロパン 身代わり

グロパン秘密ガル
適当に受けに来る物理受けを返り討ちにできる型

はまったときの強さは恐ろしいものがありました

身代わりがスイクンの熱湯耐えやクレセのサイキネ
耐えまで振ったほうが良かったかもしれません
(D4振りでも耐えました 低めの乱数のようですが・・。)

しかし技構成上積めないと火力が足りず
秘密の麻痺も全然引いてくれないことから
信用できず選出率は低め

ニンフィア
控えめ 特性スキン
H140 B92 C248 D4 S24
持ち物眼鏡

ハイボ めざ炎
サイコショック 寝言

スペレでも使っていたニンフ
技はルールごとに少し変えてます
眼鏡ハイボは安易な受けを許しません
ハイボ打ってるだけで相手は倒れていきます

龍の一貫性がやばかったので
水ロトムと差し替えましたが
そうしたらアローが大変重くなってしまいました。

ゲッコウガ NN ジャンヌ
臆病CS 特性変幻自在 持ち物気合の襷

草結び 悪の波動
冷凍ビーム ハイドロポンプ

今回のMVP
NNはジャンヌダルクの月光花から

珠をバシャに持ってかれたので低耐久を補う襷
スカガブに殴られることもあったので役立ちました
両刀を警戒されたため草結びは読まれにくかったです

ドロポンを重要な場面で外した以外は
総じて優秀なな働きを見せました

最後にポリ2を無理やり凍らせせて
1900復帰を決めてくれたのはこいつです

ガブリアス NNガブちゃん

意地AS 特性鮫肌 持ち物こだわりスカーフ

地震 エッジ
ドラクロ 逆鱗

ずっとパーティを支えているポケモン

スカガブの奇襲力、積みストッパー力、抜き性能は抜群なのは
いうまでもないと思います。

しかし最近はスカガブが警戒されすぎて
かなり動き辛くなったように思います

S9くらいまでなら先発で出せばスカーフをあまり疑われないので
ゲッコウガ メガミミロップ ライコウをぶっ倒せたりしたのですが
最近は耐久調整されていたり迷わず引いたりされます

他にも後続にスカガブがいる前提の立ち回りをされたり最速1舞リザXに
狩られたりしてしてきつかったです(パーティの問題?)

それでも対メガゲン性能や抜き性能は抜群でした。

意地っ張りの理由は火力確保です
そのおかげでギリギリ火力が足りることも結構多いです

有名なのは陽気ガブの攻撃耐え調整を5割ほどで崩せる点です。
ミラー負けも時々ありますが仮に陽気だとしてもミラー絶対勝ちでは
無いので割り切ってます 最速なら1舞ガモスやリザXを安全に処理できますが。

メガゲンガー NNガイスト

臆病HS 持ち物メガ石

催眠術 道連れ
祟り目 ヘドロ爆弾

今回使いたかったポケモン兼地雷枠

催眠術をとにかく当ててくれなかった
相手の技はポンポン当たるのに・・・。
4連外しという一撃技より当たらないんじゃないかという
有様であった。

どうにか当たっても1ターンで目覚めることも多く
頭を抱えました。

こいつのせいでレートを溶かしたようなものなので
もう2度と使いません。( 一一)

以上です!

ダブル・トリプルや
過去シーズンの構築も出来れば書きます(確率は催眠術の命中くらい)

読んでいただきありがとうございました~🐈
ポケモン | コメント:0 |
| ホーム |次のページ>>